岳南鉄道に見慣れない車両が!

静岡県富士市の岳南鉄道に、見慣れない車両が現れました。
…という情報をツイッターで見かけたので、実際に見に行ってきました。

岳南電車京王塗装

見慣れない塗装の車両がいました・・・!

こんなツイートがあったので調べてみると、こんな記事が。
岳南電車まつりにあわせ、7000形が京王井の頭線当時の姿に!! : 岳南鉄道サポーターズクラブ

岳南鉄道の電車は、昔京王線で走っていた中古車両を運行しています。
岳南電車祭りに合わせて、京王線の塗装に塗り替えたらしいのです。
真偽を確かめるべく、私も写真撮影と岳南電車さんへの取材を行うことにしました。

しかし・・・
駅員が常駐しているのは岳南吉原駅と吉原本町駅(通勤時間帯のみ駅員対応)の2駅だけなのですが、
駅員さんの反応は「知りませんねぇ・・・」というもの。
公式情報としても公開されていないし、「京王線カラーの電車が現れた」ということ自体を駅員が知らないってどういうことなんでしょう…。

馴染みの駅に問合せた結果がこんな感じだったので、岳南電車の本社へ問合せてみました。
その結果、以下の回答を得ることができました。

岳南富士岡駅には、確かに京王線カラーの電車がある。
これは3月20日の岳南電車まつりにあわせた企画で、展示するのではなく実際に運行する。
また、期間限定というわけではなく、当分の間は走り続ける。

有力情報ゲット!
公式情報としては出ていないけれど、本社に問い合わせて得た回答なのでこれが正式でしょう。

岳南電車(旧岳南鉄道)は昔、東急5000系「アオガエル」に似たボディラインの電車で全体がオレンジ色をしたを走らせていました。
それが、カラーがついているのは顔の部分だけ、1両編成が出てきて側面がシルバーになり久しいです。事前のアナウンスなしに突然見慣れないカラーリングの電車が走り始めたら、地元民は戸惑うんじゃないかなぁ・・・(笑)

おまけ

岳南電車の車庫が在る岳南富士岡駅の踏切は、懐かしい音がします。
電鐘式っていうんですね。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

岳南鉄道に見慣れない車両が!” への2件のフィードバック

  1. わっきー 返信

    はい、バリバリ地元民で大阪から夏休みに家に帰ってきてついさっき久しぶりに岳南電車乗りました。見事反対からきた7001にビックリされられました(笑)

    • mokeco. 投稿作成者返信

      わっきーさん
      ずいぶんお返事が遅くなってしまいました。すみません。
      地元にお帰りになって、見慣れない車両に出会って、検索して私の記事にたどり着いてくださったのですね(笑)。

      最近は、京王カラーも街に馴染んで、元からある緑色の2両の車両をあまり見かけなくなった気がします(たまたま時間が合わないだけかもしれませんが)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です