Inbox で画像を添付ファイルとして送る

周りの流行りに乗って、Inbox by Google を使い始めて数ヶ月。
最初は とっつきにくいと思ったインターフェイスも慣れてきました。
ただ、「既読」という概念がないというのがまだ慣れない…。
もう1つ、慣れないのが画像の添付。今回はそれについて。

さて、この Inbox を使って画像を添付すると、その画像はインラインとして添付されます。
つまり、本文中に画像が入るわけです。解像度の大きい画像だったら、そりゃもう、デデ〜ンとデカく。
そして気になるのが、「もしかしてこの画像、毎回添付しちゃってない?」というところ。

Thunderbirdなどの一般的なパソコンインストール型のメーラーはどういう感じで表示されるのかわかりませんが、少なくとも iPhone に送ってみると、毎回画像が添付されてる。
インラインで画像が添付された部分をリプライの部分から削っても、なんでか添付されてる…。(どうして?)
こりゃ、相手にとっては大迷惑じゃないですか。

そこで、画像も他のファイルと同じく「インラインでない普通の添付ファイル」として送る方法を紹介。

スクリーンショット_2016-08-26_23_24_01

画像ファイルを添付してインラインの表示がされたら、上記画像の赤枠で囲ったマークをクリックすると「添付ファイルとして送信」をクリック。
そうすれば、画像も普通の添付ファイルとして送信されます。

これ、デフォルトの動作を「添付ファイルとして送信」にする設定とかできないものかなぁ。。。

まとめ

受信側が一般的なメールソフトの場合での動作がどうか未検証なため、本当に「毎回画像が添付されてきて大迷惑」かわかりませんが、少なくともiPhoneではその傾向があった。
インラインで送ると大きな画像は等倍で送られてそれこそ「大迷惑」な可能性もあるので、基本的には「添付ファイルとして送信」がおすすめ。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です